ムダ毛の手入れをする時間は一生でトータル何時間?

女性が自分の体のムダ毛が気になるようになるのは、おそらく思春期の時期くらいからでしょう。思春期の時の女の子は自分の外見にとても気になります。友達やほかの子と自分を比べ出して…、時に優越を付ける、それが激しくなってくるのも思春期の時期くらいからです。つまりこの時期は敏感で多感な時期なのです。

 

思春期の始まりは人によっても違いますが、大体は小学校中学年~高学年くらいからでしょう。体が女性らしくなってくる時期、それがつまりその人の思春期の始まり、ですね。その頃はもしかすると具体的にムダ毛の処理をするまでにはいかないかもしれません。まだ毛も薄いですし、処理するというほどでもないでしょうし。でも体がどんどんと大人に近づいていくにつれて、体が女性らしくなるにつれて、ムダ毛が気になりだします。気になりだしたときが処理のはじめ時かもしれません。

 

最初は処理の仕方もあまりうまくなく、もしかすると間違った方法でムダ毛処理をするかもしれませんが、自意識が高い人ほど、成人するにつれて自分以外のプロの力を借りるようになっていくでしょう。ムダ毛の処理を毎日丁寧に行う人ほど、自己処理よりもプロの力を借りて全身永久脱毛した方が断然ラクで時間もかからない、ということに気が付くでしょう。数字で見てみると、自己処理にかかる時間が早い人で約10分くらいだとします。それが一か月30日として考えると300分=5時間。一年だと60時間になります。

 

サロンでの処理は一回大体1時間。一回すると次の施術までは一か月半ほど空けるのが普通です。全身脱毛を一回の施術で受けるとすると、一年で8回サロンに通う計算になり時間にすると8時間。大きな差ですね!しかもサロンでしてもらう方が断然肌に良いとされているし、仕上がりも綺麗と言われています。少し高い脱毛の器具を一生かけて使う、買うのならば脱毛サロンに通う方が安く済む、という意見もあります。そう思うと、サロンで脱毛した方が時間的にも経済的にもお得、という事が分かりますね。

 

冷えが将来の肌を左右する

美肌の基本は健康であることです。

健康無くして美しい肌を作ることもそれをキープすることもできません。健康があるから美しくいられるのです。

健康的にありたいためには食べる物や睡眠、そして適度な運動をすることが大切です。これらの3つの基本的な要素を満たしてもまだ肌がすぐに荒れてしまう…とお悩みの方はもしかすると体が冷えて血行が悪くなっているのかもしれませんよ!

冷えが原因で肌の血行が悪くなっている一番分かり易い例を挙げますと、それは私たちの身近なところですと「しもやけ」です。もしかすると近ごろの若い人はしもやけが何かご存知ないかもしれませんが、しもやけは体の末端神経や血行の悪くなりやすいところにできるものです。肌の色が紫色や赤黒くなって、その箇所がちょっと血行が良くなるとかゆくなるアレです。しもやけは冷えからくるものです。冷えが血管を細くしてそこをめぐる血の量を減らし、それが原因で出来てしまいます。しもやけを作らないようにするためにはまず、血行を良くすることがとても大事です。冷えないように、と靴下を履くようにしたり足首にレッグウォーマーを付けたりする事がとても効果的です。体を冷やさないようにするとしもやけって出来ないものです。最近は家の中が冬でも寒い、という事がありません。靴も昔のものに比べて暖かくなるように工夫がされています。だから近頃の若い人たちはしもやけにならないのですね。しもやけを知らない若者が多いのはこのような理由からです。

このように冷えないようにすると体の不調を減らすことが出来ます。

体を冷やすことに良いことはありません。体が冷えることになれてしまうと、肌の血管(栄養素を体内に行き巡らせてくれる大切な器官ですよね)の血行が悪くなり、その結果、大切な栄養素を肌の隅々まで送ることが出来なくなります。そうなると肌の乾燥に気を付けなければなりません。肌の乾燥とは恐ろしいもので、乾燥肌の原因となり、シワやクマの原因となり、もっとひどいとアレルギーを引き起こす原因になります。肌を大切にしたいのなら、体が冷えないようにする。これは健康と美肌の基本です!

シミを作らないためにすること

シミを作らないようにするためにはまず絶対に言える事は紫外線ケアを絶対にすることです。紫外線は本当に恐ろしいものでシミを作る…という以前に肌をひどく乾燥させたり、と紫外線を浴びる事に良いことはありません。紫外線が全く悪いものかというと、そうではありません。紫外線を使って様々な事をしたり、もちろん役に立つ事も多いのですが、でも日常生活において肌に紫外線を浴びる事が現代では良いとされていません。それはオゾン層の破壊からくる事ですが、現代では紫外線を浴びる事によって様々な肌への被害が報告されています。シミはそのうちの一つです。シミをつくりたくないのなら絶対に紫外線を防ぎましょう。

紫外線を日常的にしっかりと防げているのなら、肌にたくさんの刺激が与えられていないかを気にするようにしましょう。肌の同じ部位に何回も同じような刺激を加えるのはシミに繋がります。シミまでいかなくとも、刺激が跡となって肌に残る可能性もあります。肌への刺激は控えるようにしましょう。例えば同じ部位に続けるマッサージなどは、時に筋肉をほぐすという効果よりも肌への刺激の方が強くなって逆効果になることも…。マッサージをするときは気を付けましょう。

そしてシミをつくらないためにできる食事です。

ビタミンCを積極的に取るようにしましょう。柑橘系の果物、キウイフルーツ、イチゴなどに良く含まれています。果物を日常的に取るのが難しい方にはサプリメントお勧めします。こちらはお店で買うのが高価と感じるのなら皮膚科で処方してもらえるビタミンCもあります。正し医療目的だけでなく美容目的のためにも通える皮膚科の方がビタミンCの処方をして貰いやすいでしょう。

もしあなたが肌の状態をとても気にしていらっしゃるのなら…、シミが出来ないかと心配なさっているとしたら…。シミを防ぐためには様々な方法があります。何もしないでいるよりも、気になるのでしたら今すぐ始めた方が良い。それがシミ予防です。